Fukuoka-Times

2010年4月

2010年4月に関する情報を掲載しています。

福岡なんでも辞典

  

かます寿司

かます寿司(かますずし)とは、福岡県筑後川周辺における郷土料理で寿司の一種。魚のカマスの腹に酢飯をつめたもの。尾頭付きの魚(カマス)に酢飯が詰まっている豪快な郷土料理である。
>>かます寿司の詳細を読む

胡麻鯖

胡麻鯖(ごまさば)とは、福岡県の博多地方の郷土料理。サバのお刺身を醤油、胡麻、もみのりなどで和えたもの。そのまま食べる他、ご飯に乗せてお湯をかけてお茶漬け風にして食べる食べ方もある。サバは新鮮でないと食中毒をおこす危険性があるため、新鮮なサバが取れる福岡ならではの郷土料理であるといえる。
>>胡麻鯖の詳細を読む

博多うどん

博多うどんとは、うどんの中でも博多で一般的に食されるタイプのうどんのことを指す。コシが弱めで麺が柔らかいものが特徴。丸天うどんやごぼ天うどんが一般的。だし汁は昆布・かつお節・うるめ・いりこ・あご(とびうお)などを使い、やや甘めとなっていることが多い。
>>博多うどんの詳細を読む

焼きうどん

焼きうどんは、北九州小倉市において、終戦直後にソース焼きそばをまねて、中華ソバの変わりに、うどんを湯がいたものを焼いて出したところ好評であったというのが由来であるとされる。
>>焼きうどんの詳細を読む

白魚

白魚(しろうお)とは、福岡の室見川でのシロウオ漁で有名。白魚は高級食材として知られており、ポン酢をつけるだけの踊り食いや卵とじ、吸い物などにされる。ただし、白魚は死んでしまうと非常に味が落ちるため生きたまま調理する必要があるため、流通は限られる。
>>白魚の詳細を読む

おきゅうと

「おきゅうと」とは、福岡の郷土料理。居酒屋メニューや家庭料理としても広く親しまれている。エゴノリと呼ばれる海藻から作られるもので、感触や見た目などはところてんに近い。味は磯の香りや風合いが強い。
>>おきゅうとの詳細を読む

がめ煮

がめ煮とは筑前煮とも呼ばれる福岡の郷土料理の一つ。もともとはスッポン(亀)を使った煮物だったが、現在では鶏肉を使うのが一般的で、また多くの家庭で作られている。福岡県の鶏肉とごぼうの消費量が高いのはこのがめ煮に使われることが影響の一つともいわれている。
>>がめ煮の詳細を読む

福岡三越

福岡三越(ふくおかみつこし)は福岡市中央区にある百貨店。西鉄福岡天神駅の核テナントでもある。もともとは西鉄(西日本鉄道)との合弁であったが、現在は三越伊勢丹HDの設立に伴い分社化しており、現在では株式会社福岡三越となっている。
>>福岡三越の詳細を読む

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多(きゃなるしてぃはかた)は福岡市博多区にある複合ショッピングモール。シアタービル・ビジネスセンタービル・アミューズメントビル・メガストアビル・グランドハイアット・福岡ワシントンホテルの6つで構成されている。
>>キャナルシティ博多の詳細を読む

マリノアシティ福岡

マリノアシティ福岡は福岡地所が2000年にオープンしたアウトレットモール。単に「マリノア」と呼ばれることのほうが多い。結婚式場やヨットハーバーなどを併設しており、ホテル(エバーグリーンホテルマリノア)もある。
>>マリノアシティ福岡の詳細を読む

福岡ドーム

福岡ドーム(ふくおかどーむ)とは、福岡市中央区地行浜、ホークスタウンにあるドーム球場。パリーグソフトバンクホークスの本拠地となっている。2005年からはヤフーが命名権(ネーミングライツ)を取得しており「ヤフードーム(正式名称:福岡Yahoo!JAPANドーム)」となっている。
>>福岡ドームの詳細を読む

福岡タワー

福岡タワー(Fukuoka Tower)とは、福岡市早良区の百道エリアにあるランドマークタワー。海浜タワーの中では日本で一番高く、234mある。福岡市および地元企業の共同出資会社である「福岡タワー株式会社」が運営。
>>福岡タワーの詳細を読む

大原海水浴場

大原海水浴場(おおはらかいすいよくじょう)とは、福岡県福岡市西区今津にある海水浴場。九州でも屈指のロングビーチとなっており、白浜の長さはおよそ3キロメートル。景観の美しさも魅力。
>>大原海水浴場の詳細を読む

生の松原海水浴場

生の松原海水浴場(いきのまつばらかいすいよくじょう)とは、今津湾に面する海水浴場。弓状に広がる砂浜が美しい。2007年から駐車場がなくなったので注意。
>>生の松原海水浴場の詳細を読む

能古島海水浴場

能古島海水浴場(のこのしまかいすいよくじょう)とは、福岡の博多湾に浮かぶ「能古島」にある海水浴場で、南国リゾートを思わせるヤシの木に囲まれている。また、バーベキューなども可能になっておりアウトドア派にもうれしい。
>>能古島海水浴場の詳細を読む

シーサイドももち海浜公園

シーサイドももち海浜公園(しーさいどももちかいひんこうえん)とは、福岡のランドマーク「福岡タワー」の北側にある人工ビーチ。福岡市総合図書館や福岡市博物館などから近い。砂浜の中心には「マリゾン」というレストランやチャペルなどがある施設がある。
>>シーサイドももち海浜公園の詳細を読む

新宮海水浴場

新宮海水浴場(しんぐうかいすいよくじょう)は粕屋郡新宮町にある海水浴場。白い砂浜と松林の美しい海岸線が特徴。
>>新宮海水浴場の詳細を読む

勝馬海水浴場

勝馬海水浴場(かつまかいすいよくじょう)は志賀島の北西部に位置する海水浴場で玄界島をのぞめる。海岸線は松林で占められており、駐車場も300台ほど確保されている。そのため、海岸へのアクセスも非常に楽。
>>勝馬海水浴場の詳細を読む

志賀島海水浴場

志賀島海水浴場(しかのしまかいすいよくじょう)は福岡県福岡市東区にある海水浴場。志賀島橋のふもとに位置する。内海とその先にある福岡ドームや福岡タワーなどの臨海都市部分や反対側には外海と水平線を見渡せる景観の良さがポイント。
>>志賀島海水浴場の詳細を読む

源泉野天風呂 那珂川 清滝

源泉野天風呂 那珂川 清滝は福岡県那珂川町にある天然温泉。古民家風の建物に多くの種類の温泉が用意されている。
>>源泉野天風呂 那珂川 清滝の詳細を読む

アマンディ

アマンディ(Amandi)は福岡県筑紫野市にある総合温浴施設。バリ風湯処と和風湯処の二種類が用意されており、それぞれで特色あるお風呂が作られている。
>>アマンディの詳細を読む

天拝の湯

天拝の湯は福岡県筑紫野市にある入浴施設。大パノラマの展望露天風呂や家族風呂などが楽しめる。自然食レストラン(天拝の郷)も併設。
>>天拝の湯の詳細を読む

みなと温泉 波葉の湯

みなと温泉 波葉の湯は福岡のベイサイドプレイスに2008年11月オープンした天然日帰り温泉施設。源泉かけ流しの天然温泉以外にも岩盤浴なども楽しめる。
>>みなと温泉 波葉の湯の詳細を読む

博多の森 湯処「月の湯」

博多の森 湯処「月の湯」 は福岡空港側にある温浴施設。様々な種類のお風呂を楽しむことができる。空港からのアクセスもよく送迎サービスもある。
>>博多の森 湯処「月の湯」 の詳細を読む

由布院・武雄温泉 万葉の湯

由布院・武雄温泉 万葉の湯(まんようのゆ)は福岡市博多区にある温泉施設。武雄温泉と湯布院温泉の湯をタンクローリーで運搬しており、それぞれの温泉を楽しめる。各種施設も充実しており宿泊も可能
>>由布院・武雄温泉 万葉の湯の詳細を読む

平尾やまとの湯

平尾やまとの湯 (ひらおやまとのゆ)は、福岡市中央区平尾にある入浴施設。アルカリ性軟水の天然伏流水を利用しているが、温泉ではない。
>>平尾やまとの湯 の詳細を読む