福岡なんでも辞典>福岡の観光地

Fukuoka-Times

福岡の観光地

福岡の観光地に関する情報を掲載しています。

福岡なんでも辞典

  

福岡パルコ

福岡パルコは、2010年3月に旧岩田屋本館跡地に進出したパルコの福岡店。衣料品やアクセサリーなどを主としたファッションビル。
>>福岡パルコの詳細を読む

福岡天神大丸

福岡天神大丸は福岡市中央区天神にある大手百貨店。西館と東館(エルガーラ)の二棟で構成されている。
>>福岡天神大丸の詳細を読む

天神ビブレ

天神ビブレ(VIVRE)は福岡県福岡市中央区天神にある商業施設。ファッションから雑貨を取り揃え、専門店も多く入居している。
>>天神ビブレの詳細を読む

天神地下街

天神地下街は、1976年開業の福岡市中央区天神にある地下街。「てんちか」の愛称で呼ばれる。また2005年には地下鉄七隈線の開業に伴って南方向に延長されている。長さは約600メートル。天神の中心部の地下移動手段として特に雨天などには通行量が増大する。
>>天神地下街の詳細を読む

ミーナ天神

ミーナ天神は福岡市中央区天神にある商業施設。マツヤレディスビルを一括賃貸している。ダイエーショッパーズ福岡店と同居。暮らし・日常・カジュアルをテーマとする。天神北エリアにある。
>>ミーナ天神の詳細を読む

ソラリアステージ

ソラリアステージ (SORALIA STAGE)とは、福岡県福岡市中央区天神の商業施設。ソラリアステージビルと西鉄福岡駅ビルで構成されており、インキューブをはじめとした雑貨やファッション、インテリアなどの専門店が入居する。
>>ソラリアステージの詳細を読む

ソラリアプラザ

ソラリアプラザは天神にあるファッションビル。西鉄による再開発事業の一環として建設された。ファッションショップのほか、映画館「ソラリアシネマ」やレストラン街、スポーツジム、ホテル(ソラリア西鉄ホテル)もある。また、1階には天神FMのスタジオもある。
>>ソラリアプラザの詳細を読む

岩田屋

岩田屋(IWATAYA)は福岡市天神に本店がある百貨店。本館(旧Zサイド)と新館があり、それぞれが連結している。福岡の地元百貨店として有名。現在は三越伊勢丹ホールディングス傘下で、福岡三越とも協力関係にある。
>>岩田屋の詳細を読む

天神コア

天神コア(Tenjin-Core)は天神の渡辺通りの中心に位置するファッションビル。特に若年層へのアピール力が強い。ファッションから飲食店まで幅広いお店がそろう。
>>天神コアの詳細を読む

VIORO

VIORO(ヴィオロ)は九州 福岡 天神の複合商業施設(ファッションビル)。レディスファッション、インテリアを中心としたファッション情報を発信。
>>VIOROの詳細を読む

天神イムズ

福岡にある大型商業施設。館内はショッピングゾーン、コミュニケーションポイントゾーン、ホール&カルチャーゾーン、レストラン&リラックスゾーンで構成されている。
>>天神イムズの詳細を読む

博多座

博多座とは福岡市博多区下川端町にある演劇劇場。歌舞伎・ミュージカル・演劇などを月替わりで様々な演目を開催している。博多座の特徴はあらゆる演劇のジャンルに対応できる「演劇専用劇場」として設計されており、花道・袖花道・奈落・オーケストラピット・鳥屋が設置される。
>>博多座の詳細を読む

福岡三越

福岡三越(ふくおかみつこし)は福岡市中央区にある百貨店。西鉄福岡天神駅の核テナントでもある。もともとは西鉄(西日本鉄道)との合弁であったが、現在は三越伊勢丹HDの設立に伴い分社化しており、現在では株式会社福岡三越となっている。
>>福岡三越の詳細を読む

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多(きゃなるしてぃはかた)は福岡市博多区にある複合ショッピングモール。シアタービル・ビジネスセンタービル・アミューズメントビル・メガストアビル・グランドハイアット・福岡ワシントンホテルの6つで構成されている。
>>キャナルシティ博多の詳細を読む

マリノアシティ福岡

マリノアシティ福岡は福岡地所が2000年にオープンしたアウトレットモール。単に「マリノア」と呼ばれることのほうが多い。結婚式場やヨットハーバーなどを併設しており、ホテル(エバーグリーンホテルマリノア)もある。
>>マリノアシティ福岡の詳細を読む

福岡ドーム

福岡ドーム(ふくおかどーむ)とは、福岡市中央区地行浜、ホークスタウンにあるドーム球場。パリーグソフトバンクホークスの本拠地となっている。2005年からはヤフーが命名権(ネーミングライツ)を取得しており「ヤフードーム(正式名称:福岡Yahoo!JAPANドーム)」となっている。
>>福岡ドームの詳細を読む

福岡タワー

福岡タワー(Fukuoka Tower)とは、福岡市早良区の百道エリアにあるランドマークタワー。海浜タワーの中では日本で一番高く、234mある。福岡市および地元企業の共同出資会社である「福岡タワー株式会社」が運営。
>>福岡タワーの詳細を読む

大原海水浴場

大原海水浴場(おおはらかいすいよくじょう)とは、福岡県福岡市西区今津にある海水浴場。九州でも屈指のロングビーチとなっており、白浜の長さはおよそ3キロメートル。景観の美しさも魅力。
>>大原海水浴場の詳細を読む

生の松原海水浴場

生の松原海水浴場(いきのまつばらかいすいよくじょう)とは、今津湾に面する海水浴場。弓状に広がる砂浜が美しい。2007年から駐車場がなくなったので注意。
>>生の松原海水浴場の詳細を読む

能古島海水浴場

能古島海水浴場(のこのしまかいすいよくじょう)とは、福岡の博多湾に浮かぶ「能古島」にある海水浴場で、南国リゾートを思わせるヤシの木に囲まれている。また、バーベキューなども可能になっておりアウトドア派にもうれしい。
>>能古島海水浴場の詳細を読む

シーサイドももち海浜公園

シーサイドももち海浜公園(しーさいどももちかいひんこうえん)とは、福岡のランドマーク「福岡タワー」の北側にある人工ビーチ。福岡市総合図書館や福岡市博物館などから近い。砂浜の中心には「マリゾン」というレストランやチャペルなどがある施設がある。
>>シーサイドももち海浜公園の詳細を読む

新宮海水浴場

新宮海水浴場(しんぐうかいすいよくじょう)は粕屋郡新宮町にある海水浴場。白い砂浜と松林の美しい海岸線が特徴。
>>新宮海水浴場の詳細を読む

勝馬海水浴場

勝馬海水浴場(かつまかいすいよくじょう)は志賀島の北西部に位置する海水浴場で玄界島をのぞめる。海岸線は松林で占められており、駐車場も300台ほど確保されている。そのため、海岸へのアクセスも非常に楽。
>>勝馬海水浴場の詳細を読む

志賀島海水浴場

志賀島海水浴場(しかのしまかいすいよくじょう)は福岡県福岡市東区にある海水浴場。志賀島橋のふもとに位置する。内海とその先にある福岡ドームや福岡タワーなどの臨海都市部分や反対側には外海と水平線を見渡せる景観の良さがポイント。
>>志賀島海水浴場の詳細を読む

舞鶴公園

舞鶴公園(まいづるこうえん)とは、福岡市中央区にある公園。福岡城址を中心とする公園で、大濠公園の東部に隣接している。平和台陸上競技場、平和台野球場などを含む「平和台総合運動場」が併設されている。
>>舞鶴公園の詳細を読む

東平尾公園(博多の森)

東平尾公園(ひがしひらおこうえん)とは、福岡市博多区にある総合運動公園。1990年の国体(とびうめ国体)開催に伴い整備された公園で、「博多の森」という愛称になっている。福岡空港に隣接している。
>>東平尾公園(博多の森)の詳細を読む

海の中道海浜公園

海の中道海浜公園(うみのなかみちかいひんこうえん)は、福岡市東区にある公園で、日本では第5番目の国営公園となっている。福岡市中心部より博多湾をはさんで対岸である海の中道にあり、遊園地やキャンプ場、野外劇場をはじめとした施設などが設置されている。
>>海の中道海浜公園の詳細を読む

大濠公園

大濠公園(おおほりこうえん)は福岡市中央区にある大きな公園。おおよそ40万平方メートルの敷地に、福岡城の入り江であった大きな池が特徴。池の中央部には島があり、これを南北に橋でつながっている。福岡市民の憩いの場として活用されている。
>>大濠公園の詳細を読む

筥崎宮

筥崎宮(はこざきぐう)は、福岡県福岡市東区にある神社。筥崎八幡宮とも呼ぶ。大分県宇佐市の宇佐神宮、京都府八幡市の石清水八幡宮とともに日本三大八幡宮の一つとされる。1月3日の玉せせり、9月12日~18日の放生会(ほうじょうや)の時期には多くの人が訪れる。
>>筥崎宮の詳細を読む

住吉神社(博多区)

住吉神社(すみよしじんじゃ)は福岡市博多区にある神社。日本三大住吉に数えられている(他は大阪の住吉大社、下関の住吉神社)。本殿は黒田長政が1623年に再建したもの。新年1月3日には三日恵比寿神社大祭が行われる。
>>住吉神社(博多区)の詳細を読む

太宰府天満宮

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は福岡県太宰府市にある神社で、菅原道真を祭神として祀る天満宮の一つ。学問の神とされる菅原道真が祀られていることもあって、受験生などの参拝も多い。初詣の時期には200万人を超す参拝者が訪れる。
>>太宰府天満宮の詳細を読む

櫛田神社

櫛田神社(くしだじんじゃ)は、福岡市博多区にある神社。博多の氏神・総鎮守として信仰がある。特に7月の祇園山笠などの神事は有名。地元からは「お櫛田さん」と親しみを込めて呼ばれることが多い。また、櫛田神社の神事ではないが、博多どんたくの「松囃子」は櫛田神社から出発するようになっている。
>>櫛田神社の詳細を読む

宮地嶽神社

宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)は、福岡県福津市にある神社。年間に200万人以上の参拝客が訪れ、と国正月三が日には100万人以上の参拝客が訪れる。特に、日本一とされる注連縄(しめ縄)は有名。松ヶ枝餅と呼ばれる餅が周辺で販売されている。
>>宮地嶽神社の詳細を読む

船小屋温泉

船小屋温泉(ふなごやおんせん)は福岡県筑後市にある温泉。泉質は含鉄炭酸泉であり、源泉温度は約19度となっている。炭酸成分が離散しないため、飲泉に特に効能があるとされている。また、周辺には温泉旅館やホテルが並ぶ。
>>船小屋温泉の詳細を読む

筑後川温泉

筑後川温泉(ちくごがわおんせん)は福岡県うきは市にある温泉。筑後川の中洲部分に温泉街があるが、歓楽的要素はあまりない。名物として、コイの活き作りやアユの塩焼きなどがある。レトロな雰囲気がある。
>>筑後川温泉の詳細を読む

博多温泉

博多温泉(はかたおんせん)は、福岡市南区にある温泉。那珂川沿いに温泉宿、共同浴場がある。1967年に温度が高い井戸をボーリングすることで源泉が発見されており、湯質はよく特に皮膚疾患に対して効果があるとされている。
>>博多温泉の詳細を読む

薬王寺温泉

薬王寺温泉(やくおうじおんせん)は、福岡の宗像地方にある温泉。名前の由来は薬師如来により霊泉があるという宣託により発見されたということより。放射能泉(ラジウム泉)であり、近隣に4件ほどの旅館がある。
>>薬王寺温泉の詳細を読む

脇田温泉

脇田温泉(わきたおんせん)は、犬鳴山系のふもとにある温泉街。奈良時代からの歴史があるとされている。泉質は硫黄成分を含む酸性泉。神経痛や切り傷の治療に特に効果があるとされている。夏場にはホタルの鑑賞もできる。
>>脇田温泉の詳細を読む

久山温泉

久山温泉(ひさやまおんせん)は福岡県糟屋郡にある温泉。入浴施設として存在するのは、宿泊施設を兼ねた「レイクサイドホテル久山」のみ。周囲を自然にかこまれた多種多様な温泉を楽しむことができる。
>>久山温泉の詳細を読む

原鶴温泉

原鶴温泉(はらづるおんせん)は、福岡県最大の湯量を誇る温泉街です。原鶴温泉街の22の旅館等で使える「湯めぐり手帳」は7枚つづりでどこの旅館、ホテルの温泉にも入浴できるお得なチケットとなっています。
>>原鶴温泉の詳細を読む

二日市温泉

二日市温泉(ふつかいちおんせん)はおよそ1300年とも言われる長い歴史を持つ温泉街です。JR二日市駅からすぐという好立地です。有名な温泉として「博多湯」「御前湯」「天拝の郷」などがあります。江戸時代には黒田藩主のための御前湯としても利用されたとされています。
>>二日市温泉の詳細を読む