福岡なんでも辞典>神社・仏閣

Fukuoka-Times

神社・仏閣

神社・仏閣に関する情報を掲載しています。

福岡なんでも辞典

  

筥崎宮

筥崎宮(はこざきぐう)は、福岡県福岡市東区にある神社。筥崎八幡宮とも呼ぶ。大分県宇佐市の宇佐神宮、京都府八幡市の石清水八幡宮とともに日本三大八幡宮の一つとされる。1月3日の玉せせり、9月12日~18日の放生会(ほうじょうや)の時期には多くの人が訪れる。
>>筥崎宮の詳細を読む

住吉神社(博多区)

住吉神社(すみよしじんじゃ)は福岡市博多区にある神社。日本三大住吉に数えられている(他は大阪の住吉大社、下関の住吉神社)。本殿は黒田長政が1623年に再建したもの。新年1月3日には三日恵比寿神社大祭が行われる。
>>住吉神社(博多区)の詳細を読む

太宰府天満宮

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は福岡県太宰府市にある神社で、菅原道真を祭神として祀る天満宮の一つ。学問の神とされる菅原道真が祀られていることもあって、受験生などの参拝も多い。初詣の時期には200万人を超す参拝者が訪れる。
>>太宰府天満宮の詳細を読む

櫛田神社

櫛田神社(くしだじんじゃ)は、福岡市博多区にある神社。博多の氏神・総鎮守として信仰がある。特に7月の祇園山笠などの神事は有名。地元からは「お櫛田さん」と親しみを込めて呼ばれることが多い。また、櫛田神社の神事ではないが、博多どんたくの「松囃子」は櫛田神社から出発するようになっている。
>>櫛田神社の詳細を読む

宮地嶽神社

宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)は、福岡県福津市にある神社。年間に200万人以上の参拝客が訪れ、と国正月三が日には100万人以上の参拝客が訪れる。特に、日本一とされる注連縄(しめ縄)は有名。松ヶ枝餅と呼ばれる餅が周辺で販売されている。
>>宮地嶽神社の詳細を読む