福岡なんでも辞典>温泉・銭湯

Fukuoka-Times

温泉・銭湯

温泉・銭湯に関する情報を掲載しています。

福岡なんでも辞典

  

船小屋温泉

船小屋温泉(ふなごやおんせん)は福岡県筑後市にある温泉。泉質は含鉄炭酸泉であり、源泉温度は約19度となっている。炭酸成分が離散しないため、飲泉に特に効能があるとされている。また、周辺には温泉旅館やホテルが並ぶ。
>>船小屋温泉の詳細を読む

筑後川温泉

筑後川温泉(ちくごがわおんせん)は福岡県うきは市にある温泉。筑後川の中洲部分に温泉街があるが、歓楽的要素はあまりない。名物として、コイの活き作りやアユの塩焼きなどがある。レトロな雰囲気がある。
>>筑後川温泉の詳細を読む

博多温泉

博多温泉(はかたおんせん)は、福岡市南区にある温泉。那珂川沿いに温泉宿、共同浴場がある。1967年に温度が高い井戸をボーリングすることで源泉が発見されており、湯質はよく特に皮膚疾患に対して効果があるとされている。
>>博多温泉の詳細を読む

薬王寺温泉

薬王寺温泉(やくおうじおんせん)は、福岡の宗像地方にある温泉。名前の由来は薬師如来により霊泉があるという宣託により発見されたということより。放射能泉(ラジウム泉)であり、近隣に4件ほどの旅館がある。
>>薬王寺温泉の詳細を読む

脇田温泉

脇田温泉(わきたおんせん)は、犬鳴山系のふもとにある温泉街。奈良時代からの歴史があるとされている。泉質は硫黄成分を含む酸性泉。神経痛や切り傷の治療に特に効果があるとされている。夏場にはホタルの鑑賞もできる。
>>脇田温泉の詳細を読む

久山温泉

久山温泉(ひさやまおんせん)は福岡県糟屋郡にある温泉。入浴施設として存在するのは、宿泊施設を兼ねた「レイクサイドホテル久山」のみ。周囲を自然にかこまれた多種多様な温泉を楽しむことができる。
>>久山温泉の詳細を読む

原鶴温泉

原鶴温泉(はらづるおんせん)は、福岡県最大の湯量を誇る温泉街です。原鶴温泉街の22の旅館等で使える「湯めぐり手帳」は7枚つづりでどこの旅館、ホテルの温泉にも入浴できるお得なチケットとなっています。
>>原鶴温泉の詳細を読む

二日市温泉

二日市温泉(ふつかいちおんせん)はおよそ1300年とも言われる長い歴史を持つ温泉街です。JR二日市駅からすぐという好立地です。有名な温泉として「博多湯」「御前湯」「天拝の郷」などがあります。江戸時代には黒田藩主のための御前湯としても利用されたとされています。
>>二日市温泉の詳細を読む