福岡なんでも辞典>銘菓・お菓子

Fukuoka-Times

銘菓・お菓子

銘菓・お菓子に関する情報を掲載しています。

福岡なんでも辞典

  

ひよ子本舗

ひよ子本舗とは吉野堂の銘菓「ひよ子」の販売ブランド。もともとは飯塚の和菓子。1950年代に福岡に進出、その後東京にも出店し、現在では東京銘菓ひよ子として宣伝されたことから、東京のお土産としても定着している。
>>ひよ子本舗の詳細を読む

にわかせんぺい本舗

にわかせんぺい本舗とは、株式会社東風堂の和菓子販売ブランド。博多の郷土芸能である「博多博多仁和加」の面をかたどったお煎餅「にわかせんぺい(二○加煎餅)」が有名。
>>にわかせんぺい本舗の詳細を読む

千鳥屋

千鳥屋とは、チロリアンが運営する和菓子ブランド。福岡県飯塚市に本店を構える。代表的なお菓子は「千鳥饅頭」「かすていら」「マルボーロ」などがある。
>>千鳥屋の詳細を読む

如水庵

如水庵は福岡の代表的な和菓子メーカー。正式名称は「五十二萬石 如水庵」。代表的な和菓子は「筑紫もち(練り上げた餅と良質な皮むき大豆を使ったきな粉のお菓子)」。
>>如水庵の詳細を読む

左衛門

左衛門は福岡の菓子メーカー。代表的な商品「博多ぶらぶら(白く、やわらかい求肥餅の周りに、さっぱりした小豆のあんがついたお餅)」は非常に有名。
>>左衛門の詳細を読む

二鶴堂

二鶴堂は福岡市東区の菓子メーカー(創業は博多区中洲)。「博多の女(はかたのひと)」と呼ばれるお菓子で有名。バームクーヘンに小豆羊かんを流し込み、食べやすく一口サイズにカットしたお菓子。最近では、「博多ぽてと」などの新商品も製造している。
>>二鶴堂の詳細を読む

湖月堂

湖月堂(こげつどう)は福岡県北九州市の菓子メーカー。表面を艶やかな栗色に焼き上げ、しっとりとやわらかい餡の中に小粒な栗を入れた栗饅頭で有名。日清日露戦争時には演技の良い勝栗を饅頭の中に入れていたことから縁起物ともされた。
>>湖月堂の詳細を読む

鶴乃子

鶴乃子とは、福岡の菓子メーカー石村萬盛堂が製造・販売するマシュマロのこと。この鶴乃子はバレンタインデー(チョコレート)のお返しにホワイトデーにはマシュマロをプレゼントするという起源にもなっている商品。
>>鶴乃子の詳細を読む

石村萬盛堂

石村萬盛堂は福岡の菓子メーカー。博多区に本社がある。代表的な商品としては「鶴の子(鶴乃子)」が有名。また、和菓子のみではなく「ボンサンク」という名称で洋菓子も製造している。ちなみに、鶴乃子のマシュマロがホワイトデーのお返しにマシュマロの起源とされている。
>>石村萬盛堂の詳細を読む