福岡何でも辞典>ゴールデンウィークに博多にいきます。どんたくという祭りらしいのですが、どんな祭りなんです …

Fukuoka-Times

ゴールデンウィークに博多にいきます。どんたくという祭りらしいのですが、どんな祭りなんです …

博多どんたくに関するクチコミ、評判、Q&Aを掲載しています。 博多どんたくについての詳しい説明、通販情報などは「博多どんたく」をご覧ください。

福岡なんでも辞典

  

 

2010年04月22日 Q.質問
ゴールデンウィークに博多にいきます。どんたくという祭りらしいのですが、どんな祭りなんですか? あと太宰府天満宮にいくのですが、まわりになにか面白いとこはありますか?教えてください
見つかりませんでした
 

 

2010年04月24日 A.回答
大宰府に関しては他の方が答えられていますので、博多どんたくについてお答えします。 博多どんたくの「どんたく」とは「ゾンターク」と言う休日を意味するオランダ語で、それを博多なまりになぞらえて「どんたく」と言うようになりました。明治時代中期の事です。 正しくは「博多松囃子(はかたまつばやし)」で、元々は正月年賀の博多の行事でした。「松囃子」は何も博多に限った事ではなく、明治時代までは全国の鎮守の神様が祭られている神社の年賀行事として、長く日本人と共にありましたが、富国強兵と旧藩とのつながりが強いこの「松囃子」を明治政府が強制的に廃止してきた歴史があります。 学校では教えないですね。とてもいけないことだと思います。 今でも博多どんたくを含め、お祭りの名称を変えて存続している「松囃子」は全国に数例あるはずです。 博多松囃子も例外でなく、時の福岡県知事より強制的に博多山笠と共に禁止令が出され中断していた次期があります。しかし、元来博多商人なくしては財力などあるはずもなく、博多商人達の猛烈な反発に合いました。 市名を決定する時も福岡側の役人による姑息な手段で「福岡市」と決められたこともあり、当時の博多んもんの怒りは相当のものだったようです。 最後は当時の初代山中福岡市長と国の役人が、時の博多豪商渡辺与八郎宅へ謝罪に赴き落ち着きましたが、渡辺側から博多山笠と博多松囃子の再開を約束させました。 しかしそこは時代の先端を行く博多の人間の粋なところでしょうか。市長の顔を立てる上でも博多の町人達と話し合いをし、「松囃子が国の政策でまずいなら、オランダ語のゾンタークをどんたくと言いなおし、博多どんたくとして始めよう」と言うことで博多どんたくに名称が変更されました。 博多松囃子の事をもっと詳しく説明すると次数が足りませんので、簡単に言えば元は年賀のお祝い行事であり、その歴史は博多山笠より長く約1200年以上前から博多に存在するのではないかと現在は推測されています。 芸達者が多かった博多ですから、各人や各商店の人たちが思い思いの格好をして、三味線や笛や太鼓をたたきながら踊りを披露して回っていました。松囃子のお祝い行列は江戸時代は福岡藩黒田家城主へ、戦国時代は筑前藩小早川家城主へ隊列を組んでお祝いをしていたようです。 先ほど言ったた各個人などが思い思いの格好をして踊り歩いたり、演奏して練り歩く人たちを「通りもん」と称し、現在でも引き継がれています。博多古来からの商店街、川端商店街はそんな「通りもん」達の自由広場となっていますから、たくさんの通りもんたちが商店街の中をいろんな形で練り歩いています。 昔は笹を背中に挿して、「預かり」と言う札を下げ、子供達がそれを取り合っていました。なぜなら、「預かり」とは今で言う福引券や商品交換券で、それをとって子供達はお菓子やジュースなんかに変えていたんですね。 そして博多どんたくが現在のゴールデンウィークに以降したのは、戦後のことです。新日本国憲法の発布を祝って5月3日、4日の両日としました。 もともとがお祝いの行事でしたから、博多でも混乱はなかったと町の古老に聞いてます。そしてその「通りもん」達を一同に集めてパレードをしてはどうか?と時の阿部福岡市長から提案があり、昭和47年からそのパレードが行われるようになりました。 なので、博多どんたくは福岡市を上げての一大イベントとなった訳です。もちろん古式ゆかしい「博多松囃子」の隊列も、地元の人間が守り続けてます。パレードの先頭を必ず行きますので、是非ごらん頂きたいと思います。 先頭を大黒流の隊列が進みますが、傘鉾が一緒についていきます。その中を子供達やお年寄りがくぐると無事故、長寿、健康になると言い伝えられ、パレードの間でも多くの人がその傘鉾をくぐっていきます。もちろんどんたくを見にこられた方も、どうぞ傘鉾をくぐって下さい。成人は男子なら商売繁盛、女子ならば安産と家庭円満の意味があります。 また、多くの芸人を輩出してきたのも、この博多どんたくなくしては語れず、その昔福岡市内各所にできる演舞台(一般市民による芸が披露されます)では、海援隊やチューリップ、デビュー前の小柳ルミ子さんやミーシャさんも舞台で演奏や歌唱されていたことが懐かしく思います。 今年もどこかの演舞台で将来の有名スターが歌っていたり、踊っていたりするかもしれません。パレードは現在は福博の中心の目抜き通り、明治通りを呉服町から天神の間やく1.2キロメートルで行われます。 3日は午後1時から、4日は午後3時からで最後には市民も観光客も一緒に「博多かっちり節」や「博多どんたく」の音楽にのせて市民総踊りが行われます。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。