福岡何でも辞典>博多は京都は何か関係があるのでしょうか? 祇園とか山笠の時に歌われる歌詞に若松とか・・ …

Fukuoka-Times

博多は京都は何か関係があるのでしょうか? 祇園とか山笠の時に歌われる歌詞に若松とか・・ …

博多祇園山笠に関するクチコミ、評判、Q&Aを掲載しています。 博多祇園山笠についての詳しい説明、通販情報などは「博多祇園山笠」をご覧ください。

福岡なんでも辞典

  

 

2013年10月04日 Q.質問
博多は京都は何か関係があるのでしょうか? 祇園とか山笠の時に歌われる歌詞に若松とか・・ 同じ地名ですよね
見つかりませんでした
 

 

2013年10月07日 A.回答
大いにありますよ。と言うより、質問者さんのご年齢が分かりませんが、最近は社会科の先生の質が相当に落ちていますから地元の歴史すらろくに分からないような人が先生してるこのご時勢、、日本も最後が近いのかな? まず市名が福岡市になっていることは、内容を割愛しますが、本来「博多市」でほぼ決定した市名を福岡大名町に存在した、日本右翼の発祥の政治結社「玄洋社」の連中が博多の代議士を数名拉致軟禁し、強行的に指名を議会で福岡市に決定した全国でも珍しいアンフェアな歴史があります。 博多の初見ですが、現存している文献では続日本書紀に登場する「博多大津」が最初で、時代は天平宝字三年のことですから8世紀の時代。黒田家が勝手に持ち込んだ「福岡」と言う地名とその歴史が違います。 筑前国には京都の大和朝廷の出張先である大宰府が置かれた事は、普通に社会科を勉強していたら知っていることだと思います。 正しくは筑前国卸笠郡筑紫太宰(ちくぜんこくみかさぐんちくしだざい)で、政府機関が置かれたために「府」がつき、大宰府です。 遣唐使も遣隋使も全て博多の港から出ており、歴代博多豪商が中心となって自治してきた商都であり、日本では堺や加賀のような自治都市、地域でした。長年。 大陸との交易を行っていた貿易商人達の一大拠点が博多であり、そのため博多を巡って数々の戦乱が起こりました。 一番大きかったのは言わずと知れた、元寇ですね。クビライの本来の目的は日本征服と言うより、シルクロードの最終地点である富を築いていた博多を手に入れたかったようです。 そのため、当時元皇帝に謁見が許されていたのは博多商人だけで、そう言うことは学校では教えませんね。こ言う事こそ生きた歴史なんですけどね。 話し戻して大宰府政庁跡が現在綺麗に整備されてますが、もし現存していたら間違いなく世界遺産です。 恐らく街中にあるため、発掘ができずまだ発見されていないのですが、日本で初めての人口港である「袖の湊」があったのも博多です。平清盛が交易をもっと効率よくさせるために作ったと言われてます。 大和朝廷にとっても博多は世界とつなぐ重要な情報や物流、経済の日本での重要な拠点でありそのため大宰府政庁を建立したのも分かると思います。 博多祇園山笠の起源も京都の祇園祭にあります。ですから言われてる通り、祇園だとか川端、冷泉、奈良屋など朝廷との関係が深かった地名が現在でも残ります。 ちなみに冷泉は冷泉天皇のことで、博多巡幸時立ち寄った津の近くに陣を張ったことからその地域を「冷泉(博多読みで、れいせん)」と呼ぶようになりました。当時は櫛田神社や住吉神社近くまで海だったことがうかがえます。奈良屋は後奈良天皇がゆかりだと伝えられてます。 室町時代から戦国時代にかけて、博多は当時の世界の港街と肩をならべるほど発展し多くの豪商を輩出しました。戦乱で多くの文献が焼失したため確かな事はわかってはいませんが、当時博多はトルコのコンスタンチノーブルやベニス、ロンドンと同じ規模を持つ世界的商都だったことが最近の発掘でようやく分かり始めました。 コンスタンチノーブルは現在のベニスですね。ベニスの商人でも有名なこの港街も、その強大な経済力を巡って紀元はローマ帝国、その後はビザンチ帝国、オスマントルコ帝国、オーストリアハンガリー帝国、、、、などなど。博多と同じく何度も戦乱に巻き込まれています。 長くなりましたが、その時代ヨーロッパまで出向きローマ教皇と謁見している博多商人もいるんですよ。そんなことも学校では教えない。すごい事ですよね、中世以前に大陸を渡った日本人がいるんですから。 と言う理由で京都とは深い関係は博多は持っています。 そして博多を衰退させたのが徳川ですね。家光の鎖国。これにより栄華を誇った博多は衰退し、彼の下らん参勤交代などの愚政策により日本の財力を衰退させ、ご存知幕末の動乱へと導かれます。 私は徳川家光は皇帝ネロと並ぶ世界三大大バカ宰相だと思うと同時に、これは高校の時の歴史の先生が言ってました。 昔の博多の財力と、各藩の特に薩摩、肥前、長州、加賀藩などは特に大きな財力を持ってしたから、鎖国や参勤交代がなければ西洋列強とあそこまで差を開く事は無かったと言われてます。 かつて京都なんかよりお金や権力を持っていたのは博多なのです。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。