福岡何でも辞典>以下の博多お土産定番を①吉野堂ひよ子②鶴乃子③博多の女④筑紫もち⑤明太プリッツ歴史(販売年) …

Fukuoka-Times

以下の博多お土産定番を①吉野堂ひよ子②鶴乃子③博多の女④筑紫もち⑤明太プリッツ歴史(販売年) …

鶴乃子に関するクチコミ、評判、Q&Aを掲載しています。 鶴乃子についての詳しい説明、通販情報などは「鶴乃子」をご覧ください。

福岡なんでも辞典

  

 

2013年03月24日 Q.質問
以下の博多お土産定番を①吉野堂ひよ子②鶴乃子③博多の女④筑紫もち⑤明太プリッツ歴史(販売年)が長い順に並べたらどうなりますか?判る方教えて下さい。
見つかりませんでした
 

 

2013年03月25日 A.回答
①時は大正元年、飯塚市で明治より続く菓子屋を営んでいた二代目店主・石坂茂は、カフェを営むほどチャレンジ精神が旺盛でした。菓子作りでも従来の丸い形ではない、もっと愛される饅頭をといつも考えていました。そんなとき、夢の中に現れたひよこ。 その愛らしさにやっと探していたものと巡り合えたと感じた二代目は、その形づくりに没頭します。当時、丸や四角しかなかったお菓子の世界で、立体的な、しかもひよこの形をしたお菓子は誰もが想像すらしなかったもの。試行錯誤の末、大正元年の冬、独特の木型とともに、愛らしい形の饅頭「ひよ子」はやっと誕生しました。 ②博多で100年以上愛され続ける銘菓『鶴乃子』はふくよかなマシュマロ生地の中に風味のよい黄味あん。甘さをおさえたまろやかな味わいです。③47年 8月 5日 博多の女 発売 ④明治時代のこと、当時の店主だった森千太郎は、屋号を森栄松堂としました。 以上の事から、歴史順に並べるとしたら、④→②→①→③→⑤ になるのではないかと思います。*明太子プリッツは、割と新しいものだと思われるので、最後にしました。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。