福岡何でも辞典>神戸の田舎者たちが福岡に喧嘩を売ってくるのは何故ですか? やはり都会に対する嫉妬としか …

Fukuoka-Times

神戸の田舎者たちが福岡に喧嘩を売ってくるのは何故ですか? やはり都会に対する嫉妬としか …

糸島市に関するクチコミ、評判、Q&Aを掲載しています。 糸島市についての詳しい説明、通販情報などは「糸島市」をご覧ください。

福岡なんでも辞典

  

 

2012年05月20日 Q.質問
神戸の田舎者たちが福岡に喧嘩を売ってくるのは何故ですか? やはり都会に対する嫉妬としか思えません。 〆福岡の力〆 ライター:namasyasinn http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=namasyasinn めざす都市像:アジアに近い都市 福岡市は、日本の主要都市(大阪、東京、札幌)までの距離と、東アジアの主要都市(釜山、ソウル、上海、 北京、台北など)までの距離がほぼ同じ範囲内にあるため、国際線の定期航空路線も多く、韓国、中国をはじめ、アジア諸国との交流には最適の位置といえます。 北は玄界灘に臨み、海の中道と糸島半島によって仕切られ、大きく羽を広げているような博多湾を擁し、南は脊振山地、東は三郡山地に囲まれた半月型の福岡平野に位置しています。 気候は年平均17.1℃(平成20年)と比較的温暖です。 めざす都市像:昔から交流拠点 福岡市は朝鮮半島や中国大陸に近いという地の利に恵まれ、古くから大陸文化の受入窓口としての機能を果たしてきました。 紀元前4世紀には、わが国最初の水田稲作が開始されています。 志賀島で発見された「金印(きんいん)」は、1世紀ごろの大陸との交流を物語る確かな資料です。 7世紀から11世紀にかけてはアジアの人々をもてなした迎賓館「鴻臚館(こうろかん)」が交流拠点となり、中世期には海外の商人が多く住む日本を代表する国際貿易都市に発展し、16世紀には博多の大商人が利を求めて海を渡りました。 その頃、福岡は「博多」と呼ばれていました。 めざす都市像:2つの呼び名を持つツインシティ 福岡と博多、2つの呼び名を持つ都市としても知られています。 住んでいる人たちもこの使い分けは難しいので、訪問者にはもっと理解しにくいことでしょう。 空の玄関口は「福岡空港」ですが、鉄道の玄関口は「博多駅」です。 福岡市なのに、博多っこ気質、博多商人、博多織、博多人形など、全国的に有名なのは「博多」という名称です。 「博多」は古代からアジアとの接点として重要な場所であり、中世の頃には全国の中でも最も元気で経済的にも豊かな都市として輝いていたのです。 その時代、博多は国際商業都市でした。 めざす都市像:商業都市としての魅力 商業都市としての歴史は今でも続いています。 福岡市の産業構造は、第三次産業に集中しており、第三次産業の中でも卸売・小売業、飲食店とサービス業で全事業所の7割以上を占めています。 また九州・西日本の拠点として、中央政府の機関、大企業の支店、金融・サービス業の集積により発展してきました。 第三次産業が中心でサービス業の集積地だからこそ、福岡
見つかりませんでした
 

 

2012年05月26日 A.回答
神戸なんかが福岡にかなうはずない
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。