福岡何でも辞典>銘菓ひよこの本家が福岡で、東京銘菓は《姉妹(兄弟)商品…って言っていいのか?》だと知ってる …

Fukuoka-Times

銘菓ひよこの本家が福岡で、東京銘菓は《姉妹(兄弟)商品…って言っていいのか?》だと知ってる …

ひよ子本舗に関するクチコミ、評判、Q&Aを掲載しています。 ひよ子本舗についての詳しい説明、通販情報などは「ひよ子本舗」をご覧ください。

福岡なんでも辞典

  

 

2011年08月15日 Q.質問
銘菓ひよこの本家が福岡で、東京銘菓は《姉妹(兄弟)商品…って言っていいのか?》だと知ってる方はどのくらいいらっしゃるんでしょうか?知恵袋で『ひよこは東京の物で福岡がパクった』とかかれてあったのを以前見かけたことがあって、福岡県民としてイラつきを覚えました。どちらもパクったわけでなく、吉野堂(株式会社ひよ子)さんが東京に支店を設立したのですが、やはり福岡県民としては『ひよ子の故郷は福岡県』と全国の方に知って頂きたいと思ったのです。福岡県民以外の方で、ひよ子が福岡発祥だと知っていた方はぜひ一言回答をお願いします。◆Wikipediaより・1897年 福岡県飯塚市にて創業。・1966年11月 吉野堂商事株式会社が株式会社博多ひよ子に商号変更。株式会社東京ひよ子(初代)を設立。◆福岡銘菓の『ひよ子』を作っている吉野堂(株式会社ひよ子)は、 東京での販売のため別会社東京ひよ子を作り、埼玉に工場を設け 東京での販売を始めた。銘菓『ひよ子』はもともとは東京銘菓ではなかったのだが、 東北新幹線の開業とともに東京銘菓として東北方面に広がって いった。そのため、東京銘菓として知られるようになった。東京銘菓である『ひよ子』は本来は福岡銘菓である。
見つかりませんでした
 

 

2011年08月20日 A.回答
仙台に転勤した際に「ひよ子」をお土産に持っていったら、ほとんどの人に“なんで東京の土産?”と思われてしまいました。東京でも売ってることは知ってましたけど、いろいろな意味でお土産にしやすいので持って行ったんですよね。今はどうか知りませんが、当時仙台では「ひよ子」を東京(上野?)の土産として謳ったTVコマーシャルが流れてました。ちょっと違う論点から一言。「ひよ子」が東京進出した頃(それ以前)というのは、今のように新しい菓子に消費者が地域アイデンティティを積極的に見出そうとすることもなかったし、製造する側もそういう意識は乏しかったはずです。当時の菓子の賞味期限(保存技術)や輸送の観点から、必然的に流通範囲は狭かったということもあるでしょう。だから、「ひよ子」の製造者としては、飯塚→天神→東京という具合に利益拡大を求めて販売範囲を広げたという明快な経緯と言えます。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。